金融サービスの違いを知ってから自分に合ったものを利用する

何が違うのか知る

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローン、どちらもお金を借りるという意味では同じです。では何が違うのかというと、キャッシングの場合は借り入れ契約をしてお金を借りたら後は返済のみとなります。つまり一度しか借りることができないのです。追加で借り入れをするには、再度契約をすることになります。一方カードローンですが、限度額の範囲内で繰り返し借り入れができるものをいいます。包括契約といって追加借り入れもいちいち契約を結び直さなくてもいいような契約になっているので自由に利用ができるのです。しかし、キャッシングと名のついている商品でも繰り返し利用できたりする商品もありますので、実際のところはその金融機関が何と呼ぶかだけの違いであり、内容は同じになっています。

人気がある理由について

キャッシングが人気がある理由としては、ひとつに審査スピードの速さにあります。運転免許証さえあれば申し込みできますので、他の収入証明書や印鑑、保証人は原則不要で申込ができる手軽さがあります。さらには、インターネットで申込ができます。スマホからの申し込みも対応しているので、全国どこにいても24時間365日いつでも申し込みができます。審査に通過したら結果もメールで教えてくれあとは必要書類提出し契約手続きすれば完了となります。融資についても銀行口座に直接振込融資をしてもらうことができますので、非常に便利です。当日振込は基本平日14時までですが、それ以降の時間でも指定された銀行口座にはリアルタイムでの振り込み可能です。

主なポイント

決済代行会社では、決済時に面倒くさい手続きやその他不備を解消してくれるといったメリットがあります。活用する際は、自分に適した決済代行会社を知るためにいくつかの会社を比較すると最適です。

Read More

ローンを組む時

なぜキャッシングが必要になっているのか、誰でもその目的があります。消費者のために考慮して、金融期間の中にも場合分けした目的ローンがあります。そのため、自分の目的や計画プランに合わせたローンで比較すると良いでしょう。

Read More

マイホームの問題

離婚する際、マイホームを所有していた場合は、今後住宅ローンを誰がどのように払っていくのか考える必要があります。そのため、住宅ローンの見直しや不動産名義の見直しをすることが大切です。

Read More